防犯カメラノイズちらつきが入るのでなんとかしてほしい、というお問い合わせが時々入ります。
ノイズが入るには様々な理由があります。最初はきれいに映っていたのに最近ノイズが入るようになった、という場合もあります。ではノイズの入る理由は何でしょうか?ノイズの原因とその対処方法についてご紹介します。
※ 以下の対処をして、必ずしもノイズがなくなるというわけではありません。状況に応じて適切な処置をお願いします。

近くにある機械などが防犯カメラにノイズを与えている

強い電磁波を発する機器のそばにレコーダー、もしくはカメラがあるとノイズの原因になることがあります。プレス機や大きな印刷機、釘打ち機などで弊社でも経験があります。ノイズを発生させる機器、もしくはカメラシステムの位置を変更することで解決することが多い。また、工場などで多いのが電気系統自体が漏電しており、建物自体が軽く電気を帯びていることもあり、そういった場合は解決が難しいケースも。

電磁誘導による防犯カメラのノイズ

防犯カメラの配線と200Vなどの電気線が平行して配線されていると電磁誘導がおき映像にノイズが乗ることがあります。できるだけ電気配線と離して配線する必要があります。もしくは200Vなどの電気配線と垂直に交わるように配線をするとノイズなどの影響を受けにくくなります。ケーブルラックなどが設備として整っている工場や倉庫でもケーブルラックを使わず配線することもあります。

防犯カメラの故障によるノイズ

カメラ自体が壊れているケースももちろんあります。レコーダーでそのチャンネルだけが壊れていることもあります。この調べ方は簡単ですので一度試してください。

防犯カメラの故障・不具合を簡単に調べる方法

防犯カメラの不具合のチェック
カメラの信号線がレコーダーの後ろに刺さっていると思います。この信号線の1CHと2CHを入れ替えてみてください。不具合が2CHに出ればカメラもしくは配線の不具合です。1CHにノイズなどが残るようであればレコーダーの不具合です。レコーダーのひとつのチャンネルに不具合が出る現象は、販売台数の多い弊社でも、この10年で5件以下と少ないですが可能性は考えられます。

モニターの不具合

たまにあるのがモニターの不具合によるノイズです。この場合はモニターを交換しましょう。別のモニターに接続し、きれいに映ればモニターの不具合です。

同軸線の種類の確認

防犯カメラは一般的に3C-2Vや5C-2Vという配線を使いますが、テレビアンテナ用の5C-FBという同軸線を使ってみるのもノイズ改善のひとつの手段です。5C-FB線にはアルミ箔でできたシールドが入っていますのでその他の配線より環境からの影響を受けにくく、ノイズの乗りにくい配線になっています。また、コネクターなど間違ったものを選んでしまうと抵抗値の違いや接触不良でトラブルになることも。自信の無い方は、私たちのような専門家に頼むのも選択肢のひとつに入れておくとよいでしょう。

防犯カメラの修理はお任せください

東京・神奈川の営業エリア
弊社は防犯カメラのお見積から施工、メンテナンスまで一貫してできる専門業者です。専任の担当者が担当としてつきますので安心して工事をお任せいただけます。

防犯カメラのノイズの対処方法

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら