日本に設置された約7000台の防犯カメラが海外サイトでハッキングされ公開されていると某掲示板で話題になっています。

ハッキングという本来の考えではハッキングではないといえますが人に見せたくないプライベートな映像、動画が勝手に第三者に見られてしまうのは問題かと思います。

まず、問題のサイトが↓です。

insecam

海外のIPカメラ公開サイト

(勝手にパスワードやIDを予測入力して映像を見ると罰せられる恐れがありますので絶対にしないように。)

公開されているWEBカメラのほとんどがパナソニックのカメラです。あと、アクシスとソニーも一部あるようです。

これは、ネットワーク上にウェブカメラを公開するときにIDやパスワードを入れずに設定を行ったIPカメラが日本中に最低でも7000台あるということを指します。

このサイトを運営する側の立場としてはパスワードのかかっていない公開されているカメラをウェブ上で公開しても問題ない、という言い分のようですが、、、

また、IDやパスワードが初期値のままの場合(ユニークなものに変えていない場合)、予測して入力され映像を閲覧されてしまう可能性もあります。

弊社では、パナソニックの防犯カメラを販売する際、必ずパスワードをお客様毎に変更して参りました。アクシスも同様です。(ソニーは弊社では販売していません。)

もし、上記の3機種のメーカーのカメラをお使いで、ID、パスワードを元々入れていない状態の方、また、初期値のまま何も変更していない方は、個人情報、プライバシー漏洩の恐れがありますので

すぐに変更してください。

パナソニックのカメラは同時に20人以上アクセスできない

一般的にパナソニックのカメラは同時に20人以上アクセスできません。アクセスが集中すると、正直カメラがフリーズしてしまいます。
一時期、弊社のウェブサイトでパナソニックのウェブカメラを公開しておりましたが、そのときがそんな状態でした。
最終的に弊社に設置したカメラ自体がアクセス過多のためか壊れてしまいました。

弊社の独自の見解から言うと、太陽光の施設の防犯カメラなど、個人情報に差し支えないもので(別に見られても困らないからいいや)と思っているとカメラ本体が壊れてしまい痛い目に遭います。
これは、ソニーやアクシスなど他のメーカーのカメラにもいえるかもしれません。

他人の防犯カメラをのぞき見るのはやめましょう

実際にパスワードなどがかかっていなくても他人が公開目的以外で設置したカメラをのぞき見るのはやめましょう。特にメーカー初期値のパスワードなどを予測して入力し、他人のプライベートを盗み見ることは犯罪です。ハッキングと見なされ法的に罰せられる恐れがあります。絶対にしないように。

覗き見サイトはもっと増える?

今回、問題となっているサイトはロシアのサイトですが、こういったサイトはすぐに模倣されます。今後はますます増えると予想されます。インターネットに関する法整備が整っていない第三国で立ち上がるともっと酷い内容で勝手に動画が公開されてしまう恐れもあります。
 

→ 絶対にやってはいけないダミーカメラの付け方
→ 匿名通報で有力情報には10万円が支給されます

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら