SCB-5003KNの特徴

SCB-5003KNは、サムスン製の箱型防犯カメラ。アナログでは限界といわれている60万画素、1000TV本での撮影が可能。ビヨンドシリーズレコーダを使えば従来のアナログ画質レコーダの約2倍の画素数で録画が可能。かなりきれいな録画ができるようになった。レンズは脱着可能で防犯カメラ設置場所に応じたレンズを接続できどのような画角にも対応ができる。

  • 1000TVライン
  • 120dB WDR
  • デフォッグ、タンパリング
  • ビヨンドシリーズで60万画素レベルでの録画が可能

SCB-5003KNがよくつかわれる現場

箱型カメラですので、コンビニ、スーパー、モールなど万引き防止のための防犯カメラとして、また、多いのが工場や倉庫など従業員の管理、在庫の管理など「防犯カメラが見ているぞ!」と思わせたい場所に設置することがこのカメラの抑止力を最大限発揮させる一番の方法です。

また、赤外線カメラとは違ってある程度の明るさは必要だが、夜間の駐車場などでも0.00003ルクスでの撮影ができるため画角の隅から隅まで明るく撮影ができる。(ただし屋外に設置する場合は防滴加工するためにハウジングが必要)

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら