SND-L6083KRNの特徴

SND-L6083KRNは、200万画素のフルハイビジョンドーム型ネットワークカメラ。POE給電でLANケーブル一本で映像信号と電源供給ができ配線もスッキリと工事ができます。画角はなんと最大106.18°で撮影できますので少ないカメラ台数で広い施設を撮影するのに適しています。また、専用のレコーダを使えば、64台の防犯カメラを一元管理でき、大規模、広範囲施設でしっかりと運用ができます。

  • 2メガピクセル フルHD
  • 1920×1080
  • ワイドダイナミックレンジ
  • 水平画角:106.18°~37.1°
  • 30FPS(全ての解像度)
  • デュアルコーデック・マルチストリーミング
  • ホールウェイビュー
  • LDC(レンズ歪曲補正)

SND-L6083KRN
あんしんメンテナンスパック対象商品

なぜ高額なネットワークカメラで導入するのか

今、比較的安価なアナログカメラでも200万画素でフルハイビジョン録画ができる機種が多く存在します。その中でネットワークカメラを使用する意味はどこにあるのでしょう。

私たちは以下の理由からお客様にネットワークカメラをお奨めすることがあります。

  • 社内LANが既にあり、そこにネットワークカメラを設置する事によって工事費が安くなる
  • 将来性を考えてネットワークカメラのLAN配線をした方が他のシステムに流用できて特
  • 録画機を介さずそのままインターネットに接続し遠隔監視をする。
  • 配線距離が長く、LANケーブルの方が工事費が安くなる
  • 防犯カメラの台数が16台を超え一般的なアナログ方式防犯カメラでは一元管理できない場合

東京、神奈川でも病院や学校などは比較的LANケーブルで繋ぐネットワークカメラで工事することが多く、ケーブルも一般的なカテゴリー5ではなく、カテゴリー6を使います。病院は特に医療機器に悪影響を及ぼすことも想定されます。一般家庭であればカテゴリー5でよいかと思います。

東京、神奈川の防犯カメラ設置工事はお任せください。

東京・神奈川の営業エリア
横浜防犯カメラセンターは、神奈川全域、東京全域で防犯機器を専門に設置工事する専門店です。防犯カメラのお見積から設置工事まで専任のスタッフがご案内します。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら