SRD-873KDNの特徴

SRD-873KDNは、HDMIでフルHD(1080P)出力ができるスタンドアローンDVRです。最大960×480の大きさで録画ができ、綺麗な映像を残せます。スマホ、パソコン等での遠隔監視に優れ、関東の神奈川や東京であればインターネットとの接続、設定は横浜防犯カメラセンターにお任せください。関東圏以外でも中部、関西で防犯カメラの遠隔監視が設置から設定

、アフターフォローまでお任せ頂けます。

  • 最大960×480レコーディング
  • フルHD出力(1080P)
  • タンパリング
  • タッチインターフェイス
  • スマートフォンモニタリング
  • COAX制御

サムスンの遠隔監視ソフト「スマートビューワー」

スマートビューワー

防犯カメラの映像を遠隔地のパソコンで見ようとする場合、ウェブブラウザと、専用のソフトウェアを使った2つの方法があります。ソフトウェアを使うことにより操作は簡単で、複雑な操作もできるようになります。

とくにこのスマートビューワーは、複数の拠点にある防犯カメラを同時にひとつの画面で見ることができることに優秀で、その配置もドラッグアンドドロップで簡単に操作ができます。ライブ映像再生、録画再生、映像のダウンロードまでこのソフトひとつで自由自在に行えます。東京、神奈川では、横浜防犯カメラセンターでお申し込み頂くと、このソフトウェアのインストールから設定、操作説明までを担当のスタッフがサポート。関東圏にお住まいで防犯カメラの設置予定がある法人、個人の方はぜひご相談ください。

DDNSについて

DDNS(Dynamic Domain Name System、ダイナミックDNS)とは、簡単に言うと通常防犯カメラの遠隔監視を行う際、固定IPアドレスというプロバイダーで月々数千円するサービスを代わりに行ってくれるサービスです。サムスンのレコーダにはこのDDNSサービスが無料で付いており、月々0円で遠隔監視が可能になります。このサービスを使うにはお客様のインターネットモデムの設定を行う必要があり、弊社では、東京、神奈川のすべての地域で遠隔監視設定のすべてを含む設置工事が可能です。