SRN-473KSNの特徴

SRN-473KSNは、LANケーブル一本でレコーダとカメラがつながるPoE+対応スイッチを内蔵した4CHネットワークビデオレコーダーです。
Plug&Play機能で、SamusungIPカメラとの自動接続が可能です。

PoEスイッチ内蔵レコーダーの配線図

PoEスイッチ内蔵のレコーダ配線図
※ この配線図は、系統をイメージしたもので実際の配線図とは違います。
※ 防犯カメラの設定等に、パソコンが必要になる場合があります。
あんしんメンテナンスパック対象商品

遠隔監視ソフト スマートビューワー

スマートビューワー

スマートビューワーをモニターで監視している様子

サムスンの防犯カメラレコーダーには無料でスマートビューワーという遠隔監視ソフトがついてきます。このソフトは無料でダウンロードすることもできます。このソフトを使えば、複数の拠点についている防犯カメラを一括で管理することができ、分割画面の1つ目を東京本社、2つ目を横浜営業所、3つ目を埼玉営業所、4つ目を千葉営業所、といった感じで同時にすべてを管理することができます。マイクを設置した場所があれば音声も聞くことができます。

DDNSについて

DDNS(Dynamic Domain Name System、ダイナミックDNS)とは、簡単に言うと通常防犯カメラの遠隔監視を行う際、固定IPアドレスというプロバイダーで月々数千円するサービスを代わりに行ってくれるサービスです。サムスンのレコーダにはこのDDNSサービスが無料で付いており、月々0円で遠隔監視が可能になります。このサービスを使うにはお客様のインターネットモデムの設定を行う必要があり、弊社では、東京、神奈川のすべての地域で遠隔監視設定のすべてを含む設置工事が可能です。

東京・神奈川の営業エリア
弊社は防犯カメラ工事の専門店です。下見から設置工事、メンテナンス、定期点検まですべてをお任せください。複雑な工事や遠隔監視の設定等もお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら