SSV1210の特徴

HD-SDI方式の200万画素箱型防犯カメラ。WDR機能で、コンビ二の出入り口、ホテルのエントランス、ショッピングセンター駐車場入り口など明暗のコントラストが強い場所でもきれいに撮影が出来ます。東京、神奈川でも多くお客様に使っていただいております。

  • HD-SDI方式により非圧縮高解像度映像を実現。
  • Panasonic MOSセンサーを採用し、200万画素を実現。
  • 最大32個のプライバシーマスキング機能搭載。
  • ICR機能によるトゥルーデイナイト機能搭載。
  • WDR機能搭載。

HD-SDI方式の防犯カメラとは

HD-SDI方式の信号送信技術は、もともとテレビ局など放送関連会社で使われていました。2013年ごろからその技術を流用した防犯カメラが発売され、ハイビジョン、フルハイビジョンでの同軸線を使ったCCTVシステムが可能になりました。伝送距離が100mと短かったのですが、現在300mの配線が可能な次の規格である「EX-SDI」方式の防犯カメラも発売されています。東京や神奈川で防犯カメラ設置をお考えの方は、ぜひご相談ください。

フルハイビジョンの防犯カメラの取り付け工事は横浜防犯カメラセンターへ

東京・神奈川の営業エリア
横浜防犯カメラセンターは、神奈川全域、東京全域でフルハイビジョン(200万画素)の防犯カメラを様々な場所で取り付け工事しています。きれいな画像の防犯カメラをご希望の方はぜひご相談ください。

この商品は東名阪で販売中

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら