BB-SW175Aの特徴

B-SW175Aは、屋外タイプのハイビジョンネットワークカメラ。最大180度を見渡せるこのネットワークカメラはPoE対応でLANケーブル一本で情報通信と電源送信を可能にさせます。そのためにはPoEハブが必要ですが、なくても専用のアダプター(WVーPS16)

を使って電源を供給することができます。

  • パソコン、スマートフォン、携帯電話を使ってのモニタリングが可能
  • 市販のマイクと内蔵スピーカーを利用することにより音声の双方向通信が可能
  • パン・チルト、高精度プリセット機能を搭載
  • アスペクト比16:9、画素数1280×720のハイビジョン画質対応
  • IP55相当の防塵、防水性能を確保

SDカードで録画するときの注意点

お客様にSDカードで録画をしたいとよく言われますが、「簡単」「安い」というイメージが有るようです。SDカードでも普通に録画できるのですが、「録画時間」と「SDカードの耐久性」に問題があります。
パナソニックのハイビジョン防犯カメラの場合、録画できる時間は8GBのSDカードで約11.8時間(H.264,QVGA,30FPS)です。最大32GBのSDカードまで認識しますので、その4倍の約50時間の録画ができます。ということは2日程度の録画しかできないのです。あとは録画のコマ数を減らすか、録画画質を落とすしか時間を延長することはできず、長時間の録画には向いていません。
また、SDカードは書き込めば書き込むほど劣化していきますので、弊社では1年毎の交換を推奨しています。ハードディスクのように2年も3年もすっと使用することは難しいのです。
これらの条件下のもと、利用するようにしていただけると、後々のトラブルは少ないかと思います。

東京、神奈川の防犯カメラ設置工事はお任せください。

東京・神奈川の営業エリア
横浜防犯カメラセンターは、神奈川全域、東京全域で防犯機器を専門に設置工事する専門店です。防犯カメラのお見積から設置工事まで専任のスタッフがご案内します。

この商品は東名阪で販売中

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら