SRN-472KSNの特徴

SRN-472KSNは、PoEスイッチを内蔵した4CHネットワークビデオレコーダーです。Plug&Play機能で、SamusungIPカメラとの自動接続が可能です。録画解像度は、設定を自由に選べ、CIF画像から5Mまでカメラのスペックを超えない限りキレイな画像を録画できます。

  • PoEスイッチ内蔵
  • 初期ハードディスク容量:1TB(8TBまで増設可)
  • 500万画素まで録画可能

あんしんメンテナンスパック対象商品

SRN-472KSNの配線図

PoE配線
※この接続図は系統をイメージ化したもので実際の配線図とは異なります。
※カメラの設定等にパソコンが必要な場合があります。

サムスンの遠隔監視ソフト「スマートビューワー」

スマートビューワー

防犯カメラの映像を遠隔地のパソコンで見ようとする場合、ウェブブラウザと、専用のソフトウェアを使った2つの方法があります。ソフトウェアを使うことにより操作は簡単で、複雑な操作もできるようになります。

とくにこのスマートビューワーは、複数の拠点にある防犯カメラを同時にひとつの画面で見ることができることに優秀で、その配置もドラッグアンドドロップで簡単に操作ができます。ライブ映像再生、録画再生、映像のダウンロードまでこのソフトひとつで自由自在に行えます。東京神奈川では、横浜防犯カメラセンターでお申し込み頂くと、このソフトウェアのインストールから設定、操作説明までを担当のスタッフがサポート。関東圏にお住まいで防犯カメラの設置予定がある法人、個人の方はぜひご相談ください。

DDNSについて

DDNS(Dynamic Domain Name System、ダイナミックDNS)とは、簡単に言うと通常防犯カメラの遠隔監視を行う際、固定IPアドレスというプロバイダーで月々数千円するサービスを代わりに行ってくれるサービスです。サムスンのレコーダにはこのDDNSサービスが無料で付いており、月々0円で遠隔監視が可能になります。このサービスを使うにはお客様のインターネットモデムの設定を行う必要があり、弊社では、東京、神奈川のすべての地域で遠隔監視設定のすべてを含む設置工事が可能です。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら