お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラのプロにお任せください!

高齢者虐待防止法について

老人ホームでの高齢者虐待防止法違反平成18年に施行された高齢者虐待防止法から既に長い年月が経っていますが、いまだに介護施設での虐待等のニュースが後を絶ちません。高齢者虐待と認められた件数は、養介護施設. 従事者等によるものが平成27年度には408件ありました。
この中で防犯カメラがあれば阻止できた事件がいくつもありました。虐待の起きない環境づくりが大切です。

高齢者虐待防止法の対象となる行為

高齢者虐待防止法の対象となる行為は以下の内容で、その多くは防犯カメラで抑止可能な内容となります。

  • 身体的虐待 殴る、蹴る、拘束するなど
  • 心理的虐待 暴言、無視など
  • 経済的虐待 貯金や所有物を無断で使用、処分するなど
  • 介護放棄 トイレ、お風呂に入れない等(ネグレクト)
  • 性的虐待 人前で裸にするなど

これらの中で、防犯カメラの付けられないトイレやお風呂以外では防犯カメラが非常に役に立ちます。

老人ホーム、施設との連携

老人ホームでのトラブル回避施設側も上記のような虐待がないように今は色々な手をうっています。現在施設への入居者の約97%が認知症、もしくは認知症の恐れがあり、老人ホーム内のスタッフの意見と被介護者との意見が分れる場合も多々あると聞きます。
個室では、防犯カメラを設置して事実確認が必要になるケースが多々あります。弊社では、虐待の事実確認が後からでもできるよう防犯カメラの設置を進めています。

防犯カメラで老人ホームに安全な環境を

弊社には、老人ホーム側からも入居者側からも防犯カメラ設置の依頼をいただきます。老人ホーム側からお話をいただくときは施設の共用部分に設置、入居者からお話をいただくときには個室への設置が主です。

また、虐待が疑われる社員の管理として隠しカメラの設置も行いますが、これについては最終手段ですのでよく考えてからご依頼をいただく必要があります。

東名阪の防犯カメラ工事

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

横浜防犯カメラセンター

横浜防犯カメラセンターで、防犯カメラシステムの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。取り付け費用の現金支払いはもちろん、リース(長期)、レンタルでの導入も可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保障が付く導入方法もありますので一度ご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いいたします。その際、費用についてもご相談ください。気軽にお申し付けください。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム