大田区の商業施設です。車も通れる天井の高い施設でしたので高所作業車を準備しました。通路天井部に防犯カメラを設置、ネットワークケーブル(LANケーブル)をレコーダーまで配線する作業です。高所作業車を使った工事は、メンテナンスの場合にも高所作業車が必要になります。ですので、後々のメンテナンスにもそれだけ費用が掛かることになります。ある程度低い位置にカメラを設置できれば、

それに越したことはありません。ただし、狙った画角をしっかりと記録したい場合は、内容重視で工事をします。

高所作業車での防犯カメラ工事1

高所作業車での防犯カメラ工事1

高所作業車での防犯カメラ工事2

高所作業車での防犯カメラ工事2

既設の配管やフリーアクセスの床下を使いながら配線していきます。そういう工事ができない場所はイチから配管をします。LANケーブルの配線は、300mルールというものがあります。ハブを100mずつに設置し300mまでしか配線できないというルールです。それに則って、要所要所にハブを設置しながらケーブルを延長していきます。

配線配管工事

配線配管工事

床下配線工事

床下配線工事(フリーアクセス)

カメラはどんなカメラも設置可能ですが、誰でも出入りできてしまう出入り口などは、ハウジングタイプの大きくて目立つ防犯カメラが犯罪の抑止効果が高く、逆にドームカメラなどは抑止効果が薄いといわれています。適切な場所に適切なカメラを設置し、適切に運用できるよう工事をさせていただきます。

カメラ設置完了

カメラ設置完了

H鋼に防犯カメラをしっかりと設置。経年でずれてこないように固定します。

商業施設での防犯カメラ設置ポイント

商業施設では、防災センターがあるかないかが防犯カメラ導入のカギとなります。警備員が常駐している施設では、警備員室に、そうでない施設ではバックヤードにレコーダーを設置します。この大田区の商業施設では防災センターがないため、倉庫の一部にレコーダー、モニターを設置。何かあったときに録画を再生するシステムです。また、インターネットを使って別の場所でも現地の様子を見ることができるようにシステムを作りました。

インターネット回線があれば月額無料で遠隔監視

以前はフォーマカードと携帯電話を使った遠隔監視がはやりましたが今ではスマホの無料アプリで遠隔監視をする時代。
お客様のお手持ちのスマホやパソコンから防犯カメラのある場所を24時間365日確認することができます。
もちろんiPadやタブレットもOK!詳しくはお問い合わせください。

東京都大田区の防犯カメラ設置工事はお任せください

東京・神奈川の営業エリア
弊社は大田区で防犯カメラのお見積から施工、メンテナンスまで一貫してできる専門業者です。専任の担当者が担当としてつきますので安心して工事をお任せいただけます。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら