0120-733-384

18,000台以上の施工・販売・レンタル実績
保守・保証のあんしん防犯カメラはトリニティーにお任せください!

さくら市の一軒家に防犯カメラを設置
防犯カメラセンター さくら市の事例紹介

さくら市の一軒家で防犯カメラを設置

さくら市一軒家のお客様より防犯カメラの設置のご依頼を頂きました。
となりのお宅が泥棒に入られたことを期に、防犯カメラを検討されていたそうです。
最初はネットで購入した防犯カメラをご自身でDIYで設置しようと考え調べていたとのこと。カメラの接続などはあり程度理解されたが、家に穴を開けなくてはならず、その方法もユーチューブで調べたりされたが、最後の最後でやはり専門業者に頼んだほうがキレイに施工でき安全、という結論に至ったとのこと。
そこでインターネットで調べて弊社にご連絡をいただきました。
ありがとうございました。このページの最後ではDIYで防犯カメラをつけることのメリットデメリットにも触れてみたいと思います。

※本事例(さくら市の一軒家で防犯カメラを設置)はお客様のプライバシー保護のため、一部内容を編集しております。

戸建住宅の防犯カメラ(さくら市)

戸建住宅の防犯カメラの設置は、業務用の防犯カメラの設置と大きく違う点があります。
それは施工の見た目のキレイさ、です。
工場などでもキレイに施工はしますが、戸建住宅だと工場や駐車場などのそれとは気遣いが大きく変わります。
居住スペースの外観は皆さん気にされますから、こちらも気合が入ります。
実はカメラを設置する用の配管は4色ほどあり、弊社では選ぶことができます。多分、他の防犯カメラ専門店でもここまでしている会社はないと思います。材料を4種類(4カラー)揃えないといけませんから。今回は黒い配管、資材を使った工事です。

さくら市の一軒家での防犯カメラ施工写真

まだまだ新築の戸建住宅の防犯カメラ設置工事の様子です。
今回の建物は黒を基調としたお宅で、最初の下見の次点で担当者は黒い配管で工事をすればキレイに施工できるなと、決めていたそうです。
また、配管の配置も細かな配慮がされているのでそこをどうしても紹介したいということで今回写真を撮らせていただきました。

1枚目の写真を見ていただくと、そのまで配管されているその配管とカメラの後ろについているボックス、これらが黒いのがわかります。
これは外壁の色に合わせて黒を選んでいます。
建築前だと、壁の内側に配管を入れて、配管ごと隠蔽してしまうのですが、建築後だとそうは行きません。
そのような中、どう施工するかというと配管を設置するしかありません。
よく、wifiだと配線がいらないんじゃないか、と言われることがありますが、電源は必ずいりますのでどちらにせよ配管することになります。
その時に選ぶ材料の色を外壁に極力合わせるというのが専門店である仕事と言えると思います。
自画自賛で申し訳ありません。

2枚目の写真もある配慮がされていることがわかりますでしょうか?
本当はカメラの下側に配管を立ち上げるのですが、雨樋の裏に隠れるように配管してあるのがわかりますでしょうか?
しかも正面の外壁にカメラを設置し、側面の雨樋裏に配管をつけているので家屋の正面側からはほとんど配管が見えません。
一軒家の場合は設置工事前の段階でこういうお打ち合わせをします。
こういった施工は、お客様にどうしたら喜んでもらえるか、を考えながら施工した結果です。

さくら市で設置した一軒家防犯カメラ
さくら市の一軒家で防犯カメラレンタル

もともと弊社のTR-402VQは、黒っぽいダークグレーのカラーリングです。このカラーリングにも理由があります。

今回使ったTR-402VQについて

さくら市の一軒家で防犯カメラを設置

今回使ったTR-402VQは弊社の製品で企画から弊社でおこないました。
カラーリングも弊社のオリジナルカラーが使われています。
実は、弊社は屋外(特に外壁壁面)に設置するカメラは伝統的に暗いカラーリングで作っております。なぜかというと「汚れ」です。
車などでも白い車や黒い車は汚れが目立つって聞いたことありますか?
一番汚れの目立たない色、それがグレーです。
特に一軒家での防犯カメラ設置は外観をキレイに施工することを心がけていますので、設置して1年後、2年後に風雨にさらされ黒ずんで来ないようにこのカラーリングを選んでいます。
見た目で考えないのであれば、太陽光から熱を吸収しない白色が最も適しているのですが、家の外観のほうが皆さん気にしますよね?
また、カメラの性能も上がってちょっとの熱では壊れにくくなってきたこともあり、弊社の外壁につけるタイプの屋外用防犯カメラはこのカラーリングになっています。

個人宅の防犯カメラ契約方法

個人宅では一括購入とレンタルの2パターンから契約方法をお選びいただけます。(リースは法人のみ)
今回は、現金で購入していただく話で最初進んでいたのですが、やはり保証のついているレンタルが良いと、家庭向けレンタル防犯カメラサービスの「ファミリープラン」をお選びいただきました。
お客様が最初DIYで防犯カメラを設置しようといろいろ調べていらっしゃって、レコーダー内部のHDDが消耗品だということをご存知でした。
ファミリープランをご紹介させていただいたときもHDDの保証は含まれているのかどうかを気にされていたそうです。
もちろん弊社のファミリープランにはHDDが壊れてたときの出張交換修理が付いています。
他社でも保証のついている会社はあるけど、取り外して送り返さなきゃいけないと、弊社のレンタルサービスを気に入っていただきました。

DIYで防犯カメラを設置するときの注意点

せっかくですのでDIYで防犯カメラを設置する場合の注意点を3点挙げます。

国内の会社で保証付きのものを買う

ネットショップで購入すると実は海外の会社から国際便で送られてくることがあります。
故障した時にほぼ対応してくれないと聞いております。
防犯カメラをネットで買う際は、その会社が国内のどこにあるか、ちゃんとした会社か、業歴は長いかなど気にして購入しましょう。

短期での設置の場合にDIYしよう

長期防犯カメラを使おうと思うとしっかりしたカメラをしっかりした工事で設置しなければ寿命が短くなります。
その場合は弊社のような防犯カメラの専門店で、さくら市にもメンテナンスで来られる場所にある会社に頼みましょう。
逆に1年以内の利用なら激安カメラでもまず壊れないと思います。そういう場合はDIYもオススメします。

屋内への設置

屋内に置くタイプのWIFIカメラに私達の出る幕はありません。
そういうカメラは業者を通さずに自身で買って自身で設置するのが最善の方法です。
ただし、最近ネットショップの口コミは操作されている場合があるので高すぎる評価のカメラなどは注意して購入する必要があります。

個人のお客様に人気の家庭用防犯カメラレンタル

一軒家でも防犯カメラをレンタルで導入される方が増えています。
初期費用が抑えられるので、気軽に防犯カメラをお試し頂けます。
詳しくは下のバナーからレンタルについてのページを御覧ください。

家庭用レンタル防犯カメラ案内スマホ版
家庭用レンタル防犯カメラ案内PC版

防犯カメラ設置工事 動画のご紹介

弊社で行わせて頂いた防犯カメラの工事の様子を動画でご紹介します。
こちらはさくら市内で行った工事ではありませんが、どのような工事が行われるかイメージしやすいかと思いますので、防犯カメラをご検討の方は是非ご覧ください。

一軒家の防犯カメラ工事動画

児童施設の防犯カメラ工事

さくら市での防犯カメラ設置事例

防犯カメラセンターの対応エリア

東名阪の監視カメラ工事

防犯カメラを専門としている関東防犯カメラセンターでは、さくら市以外の栃木県、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県などの関東圏を中心に防犯カメラの施工をさせて頂いております。
防犯カメラのニーズは幅広く、マンションやアパート等の集合住宅、個人宅、店舗、工場、オフィスなどあらゆる場所で防犯カメラの設置をさせて頂いています。
展示会やイベントのために短期で防犯カメラをレンタルで使用したいというご希望にも対応しますので、防犯カメラをご希望の際にはぜひお問い合わせください。


栃木県での防犯カメラ施工例はこちら

防犯カメラ・監視カメラの設置前に

防犯カメラセンターで防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リースやレンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム