お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラ・ネットワークカメラのプロにお任せください!

高崎市の倉庫に
防犯カメラを設置

高崎市にある倉庫への
防犯カメラ施工事例

高崎市の倉庫への防犯カメラ工事

高崎市の倉庫へ防犯カメラを施工した事例です。
工場に併設された倉庫へ防犯カメラの増設工事を行いました。
多くの業者が行き交い、昼も夜も稼働している工場・倉庫だったため、『在庫の数が合わない』『明らかな盗難の形跡がある』という状態でも犯人の特定が難しく、防犯カメラ導入を決定されました。

高崎市の倉庫への
防犯カメラ施工について

今回の高崎市の倉庫では、敷地内・敷地周辺を広く撮影するための防犯カメラと、近距離で精細に撮影するための防犯カメラなど、1台1台の防犯カメラの目的をはっきりさせて、画角や取付角度を選定しました。

高崎市倉庫に取り付けた防犯カメラ

倉庫全体を見渡せるように取り付けた防犯カメラです。

高崎市倉庫外向きに取り付けた防犯カメラ

出荷場を撮影できるように取り付けた防犯カメラです。

高崎市の倉庫に取り付けた赤外線カメラ

夜間も撮影できる赤外線機能搭載の防犯カメラを採用しました。

高崎市の倉庫併設事務所に取り付けた防犯カメラ

敷地の出入り口を撮影するため、事務所に取り付けた防犯カメラです。

さまざまな業者の方々が訪問される倉庫では不審者が紛れ込んでも発見できない可能性もありますが、威嚇効果を発揮する防犯カメラは取付けるだけで不審者侵入の抑制が期待できます。
不審者侵入の抑制だけではなく、フルハイビジョンレベル以上の高画質で撮影することができる近年の防犯カメラの特徴を生かし、日ごろの在庫管理、万が一犯罪が発生した際の犯人特定につなげることが可能です。

高崎市の防犯カメラ活用

高崎市では公共の安全性を高める目的で高崎市内の公共の場に防犯カメラを設置しており、平成27年からは「高崎市防犯カメラの設置及び運用に関する要綱」を制定して町内会からの要望にも応えています。
高崎市の報告によると、令和元年度には高崎市内の公共の場に238基の防犯カメラを導入しているそうです。 参考:高崎市公式ホームページ「防犯カメラ設置事業

高崎市でご紹介する防犯カメラ契約の種類

高崎市では、戸建て住宅からマンション・アパート、工場、オフィス、店舗、クリニックと幅広いお客様からお問い合わせをいただき、防犯カメラの導入をお手伝いさせていただいています。
高崎市のマンション・アパートや工場のお客様からはリース契約が人気です。
リース契約は初期費用が掛からない上、月々一定額のお支払いで防犯カメラを導入いただける点で、ご好評をいただいています。
弊社で別途ご用意させていただいている保守サービスにご加入いただきます場合には、修理や消耗品交換にも対応いたします。
一方で、高崎市の戸建て住宅やクリニックではレンタル契約が人気です。
レンタル契約はリース契約と同じく月々一定額のお支払いで、修理や交換の無償サービスがあらかじめついているサポート内容となっています。
最適なご契約内容はお客様ごとに異なります。
詳しい内容についてはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらからどうぞ

弊社の防犯カメラ契約内容については、下記ページにもう少し詳しくご紹介させていただいております。
防犯カメラの契約方法について

高崎市のまちづくりと防犯カメラ

幾度にわたる合併を経て広い地域がひとつになった高崎市には、都市部、農村部、工業団地、住宅街が共存しています。
共存しながらもまじりあっていないのが高崎市の特徴で、地域ごとの特性が強い市でもあります。
それぞれのエリアの特徴と、防犯カメラ活用についてまとめます。

高崎市の都市部と防犯カメラ

経済産業省発表の平成26年商業統計で、高崎市は全国14位となり、高崎市のビジネス力が数字として表れた結果になりました。
その後、日経ビジネスが平成28年1月の号で働く世代2万人に調査したところ、活力ある都市ランキングに高崎市は全国で29位にランクインしています。
令和2年現在、高崎市は全国的に活気のある都市として印象付けられている状況です。

JR高崎線とJR信越本線、国道17号で囲まれた高崎市の中心市街地には、行政機関や文化施設、公共施設、金融機関、大型商業施設や宿泊施設などが立地し、以前から非常に栄えていました。
加えて近年では高崎駅東側にも商業施設や文化施設が出来上がっており、高崎市都市部は、10代の若者から成人層、熟年層まで幅広い年代が楽しむことができるエリアになっています。
興味深いのは、高崎新聞が2016年3月23日に記載している「高崎市は15歳から19歳女性の昼夜間人口比率128%、20歳から24歳女性の昼夜間人口比率が117%になっており、高崎市はファッションの街」という内容です。
高崎市は経済面でも文化面でも、存在感を強くしていることがわかります。

上記のような高崎市の都市部の状況を前提に、高崎市の都市部と防犯カメラについてまとめます。
結論からいえば、高崎市のように栄えていく都市部では防犯カメラの導入は増えていきます。
それは、店舗や商業施設など各オーナー様が防犯や従業員管理のために防犯カメラを取り入れることに併せ、先述した通り自治体が公共の場に防犯カメラの設置を増やしていくからです(参考:高崎市公式ホームページ「防犯カメラ設置事業」)。
防犯カメラが増えることを「監視されるようで窮屈だ」ととらえるか「治安が良くなる、便利になる」ととらえるかは意見が分かれるところですが、高崎市内外において、防犯や犯罪解決のみではなく、迷子の発見、商業施設でのサービス向上に防犯カメラが役立っている報告は増えているという事実はあり、防犯カメラへの期待は膨らむところです。

高崎市の農村部と防犯カメラ

農作物を供給しながらも消費する人口を併せ持つ高崎市では、都心部から少し離れたエリアに畑や田んぼが広がる一方で、駅前には高崎市の特産物を扱うマルシェや飲食店が立ち並びます。
防犯カメラは、生産の現場でも、販売・消費の現場でも導入が進んでいます。
例えば、農作物を育てるビニールハウスでは防犯対策に併せて作物の生育管理に活用され、また、農産物加工品を出荷する倉庫では生産管理や在庫管理に利用されます。
また、高崎駅前の都市部に防犯カメラ導入が進んでいることは先述した通りですが、もう少し細かく見て、例えばマルシェや直売所では、防犯カメラのライブ映像を公開することで生産者が少なくなってきた在庫を販売所に補充したりする仕組みにも防犯カメラが活用されています。
直売所で生産者が在庫を補充する防犯カメラの使い方は、高崎市のように、生産と消費のエリアが一定範囲内にあるからこそ実現する活用法です。

高崎市の住宅街と防犯カメラ

高崎市には、家族連れが利用しやすい図書館などの公共施設、教育施設、大きな公園などが充実しています。
高崎市の政策として、「保育園の待機児童ゼロを実現」「救急患者のたらい回しゼロを目指して県内初のドクターカーを導入」「高齢者を見守る出向く福祉」が行われている点からも(※)、高崎市は住みやすいまちといって間違いではないでしょう。
(※)参照:高崎市発表「高崎のここがスゴイ!ランキング

高崎市のように、市民のための施設が充実しているまちの住宅街では、防犯カメラの導入は進む傾向にあります。
例えば公共の児童館や保育園、大きな公園、介護福祉施設などの市民が利用する施設に防犯カメラの導入が進んでいるからです。

およそ460㎢の面積を持ち、37万人以上の人口を有する高崎市は、合併の歴史からエリアごとに強い特色があります。
ただ、共通しているのは、どのエリアも活気あるということ。
人の活動が活発なエリアでは、防犯対策、活動の効率アップのために、防犯カメラの導入は進む傾向があります。

エリアを問わず子どもを狙った犯罪が増える中、高崎市のように都心に近く昼夜間の人の移動が激しいエリアでは、知らない人が近所を歩いていてもさほど目立たないため不審者を見つけにくいため、犯罪の抑止や証拠確保のために防犯カメラが必要です。
その他、介護福祉施設では施設運営の

高崎市での
防犯カメラ導入費用目安

農業エリア、工業団地、都市部、住宅街が共存する高崎市では、幅広いお客様へ防犯カメラを提供させていただいております。
防犯カメラの取付けは機種の組み合わせや工事内容などでお客様ごとに詳細が異なるため一律の値段を設定することが難しい面もありますが、ご参考の目安として、下記に導入費用を記載します。
同じ高崎市でも、採用する防犯カメラや工事内容で費用は上下することをご了承ください。

高崎市の工場に
防犯カメラ14台を取付けた場合
(レンタル契約)

防犯カメラ導入コスト:
初期費用0円、月額23,000円

  • 防犯カメラ14台(200万画素)
  • レコーダー1台(録画期間2か月)
  • モニター1台
  • スマホ遠隔監視システム(タブレットやPCなども可)
  • 修理や消耗品交換への保守サービス

上記高崎市の工場では、工場の人員配置や在庫管理にも防犯カメラ映像を活用されています。
200万画素の高画質映像は、業務効率化にも活用される例が増えています。

高崎市の農場に
防犯カメラ8台・レコーダー・モニター・LED防犯灯3台を取付けた場合
(レンタル契約)

防犯カメラ導入コスト:
初期費用0円、月額19,600円

  • 防犯カメラ8台(200万画素)
  • レコーダー1台(録画期間3か月)
  • モニター1台
  • スマホ遠隔監視システム(タブレットやPCなども可)
  • LED防犯灯3台
  • 修理や消耗品交換への保守サービス

上記高崎市の農場では、防犯目的だったはずのLED防犯灯が、いまでは夜間の作業時に非常に役立っていると喜んでいただけました。

高崎市のクリニックに
防犯カメラ3台を取付けた場合
(レンタル契約)

防犯カメラ導入コスト:
初期費用0円、月額8,200円

  • 防犯カメラ3台(200万画素)
  • レコーダー1台(録画期間1か月)
  • モニター1台
  • スマホ遠隔監視システム(タブレットやPCなども可)
  • 修理や消耗品交換への保守サービス

上記高崎市のクリニックでは、待合室、従業員で入口、駐車場に防犯カメラを取付けました。
無断駐車がなくなり、また、従業員の方が出入りの際安心できるようになったと教えていただいています。

その他、高崎市の施設での防犯カメラ活用

高崎市民が暮らしやすい街といわれる高崎市では、市民生活を豊かにするための施設が充実しています。
それぞれの施設における防犯カメラ活用の傾向をまとめます。

前橋市の介護施設での
防犯カメラ活用

高崎市の防犯カメラ(介護施設)

介護施設では施設全体の防犯体制強化だけではなく、ご利用者様の安全確認、業務効率改善と少人数での効率的な施設運営に防犯カメラが活用されています。
「出向く福祉(※)」など、高齢者福祉への政策にも特徴がある高崎市では、施設・ご自宅・公共道路・公共施設などが連携しながら高崎市に住む高齢者の方々のQOL向上に取り組んでいるとのことです。
(※)参照:高崎市発表「高崎のここがスゴイ!ランキング

高崎市の医療機関での
防犯カメラ活用

高崎市の防犯カメラ(医療機関)

医療機関では従来の防犯対策という目的以外に、来院者様へのサービス向上や業務効率改善などを視野に入れて防犯カメラの活用が進んでいます。
また、2020年7月現在では、新型コロナウイルス感染症感染患者様へ向けた非接触型の治療にも防犯カメラが用いられています。
従来から救急患者のたらい回しゼロを掲げてきた高崎市では、新型コロナウイルス対策へも高崎市医師会と連携し医療体制の強化を図っています。

高崎市の教育施設での
防犯カメラ活用

高崎市の防犯カメラ(教育施設)

子どもを狙った悪質な犯罪が増えている背景を受けて、幼稚園・保育園・こども園、小学校・中学校・高校、大学、公共の児童館、民間の学習塾や運動施設など、教育施設での防犯カメラ活用は、全国的に進んでいます。
高崎市でも公共施設・民間施設を問わず防犯カメラのお問い合わせをいただいている状況です。
子どもを狙った犯罪に対しては、防犯カメラをはじめとした環境整備で犯罪を未然に防ぐ取り組みは改善を続けています。

高崎市付近での防犯カメラ施工事例

防犯カメラセンターでは、高崎市を含めた群馬県全域で防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラ導入のお手伝いをさせていただいています。
防犯カメラ施工事例については以下よりご確認いただけます。

群馬県での防犯カメラ施工事例

ネットワーク体制の強化で群馬県高崎市をサポート

経験豊富なスタッフが群馬県高崎市での防犯カメラ導入をお手伝いします。関東の設置工事可能範囲は、協力会社とのネットワークにより東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬・栃木・茨木と拡がっています。取り扱い種類の豊富さや、対応できる工事の幅の広さが自慢です。防犯カメラのことなら専門業者である私たちにごそうだんください。

東名阪の防犯カメラ工事

防犯カメラの設置前に

防犯カメラセンターで防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リース、レンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム