お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラのプロにお任せください!

アナログとフルハイビジョンではどれぐらい違いますか?

  • HOME »
  • よくある質問 »
  • アナログとフルハイビジョンではどれぐらい違いますか?

かなり違います。
アナログカメラは、一般的に100万画素未満の防犯カメラを指します。その多くは41万画素のものが多いです。
ハイビジョンカメラは100万画素以上、フルハイビジョンは200万画素以上です。
一般的なアナログ防犯カメラは52万画素程度ですので、画素数だけでもフルハイビジョンと比べると4倍近い差があるのがわかります。

アナログ防犯カメラ

フルハイビジョン防犯カメラ

上の2つの写真は、お札を防犯カメラで撮影した映像です。映像の違いがわかるでしょうか?

レジでのお金の撮影や駐車場でのナンバープレートの撮影は現在はほとんどフルハイビジョンの防犯カメラを設置させて頂いておりますが、マンションのエントランス、エレベーターホールなどは撮影する範囲も狭いためまだまだアナログカメラの人気が高いことも確かです。

横浜防犯カメラセンターでは、打合わせの段階でデモ機をお持ちします。実際に防犯カメラの設置を検討している場所で両方を映して試すことができます。ぜひ一度、お問合せください。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

横浜防犯カメラセンター

横浜防犯カメラセンターで、防犯カメラシステムの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。取り付け費用の現金支払いはもちろん、リース(長期)、レンタルでの導入も可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保障が付く導入方法もありますので一度ご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いいたします。その際、費用についてもご相談ください。気軽にお申し付けください。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム