0120-733-384

20,000台以上の施工・販売・レンタル実績
長期保証のあんしん防犯カメラはトリニティーにお任せください

新築に防犯カメラを付けたい!そんな時の選択肢

新築に防犯カメラを付けたい!そんな時の選択肢

新築での生活を守るために考えたいセキュリティのこと

新築でこれから家を建てるというお客様にとってその家の防犯は、とても重要です。
せっかく建てた家に早々に泥棒が入り、新生活どころではなくなった、というお客様もいらっしゃいます。
このページでは、新築に防犯カメラを設置する時、どんな選択肢があるかをお客様にご案内します。(最後の方には新築に後付けで防犯カメラを設置する方法も記述します。)

新築で建てる前に防犯カメラなのかホームセキュリティなのか考える

新築で防犯カメラ

新築で家を建てる時、まず防犯のことは設計士さんか、現場監督さんに相談すると思います。ハウスメーカーさんだと営業の方に相談することもあるかも知れません。
まず、泥棒に入られにくい環境を作るためにドアや窓などの部分には、CPマーク付きの建材を選択する事が重要です。それはハウスメーカーさんにしかできないので営業の方か設計の方に伝えてください。
そうしたら後は2択です。
防犯カメラを設置するのか、ホームセキュリティを設置するのか。この2つにはメリットとデメリットがあるのでここでご案内します。

  メリット デメリット
防犯カメラ 留守中もスマホで外から映像確認。
一度設置すれば、あとは放置。
人が駆けつけない。
ホームセキュリティ 人が駆けつける。
家の鍵を警備会社に預ける。
外出のたびにセットや解除をする必要がある。

利用するお客様の考えで、そのメリット・デメリットは変わりますが、ざっとこんな感じです。
どちらがあなたの生活に合うと思いますか?どちらも必要!という方もいらっしゃいます。
私達は、防犯カメラを普段の生活の中に溶け込ませ、生活の中に安全と安心を提供できる防犯カメラシステムのご提案をしています。
もし、ホームセキュリティだけで安心と思われる方はこの続きを読まずにセコムさんやアルソックさんのホームページをご覧になられることをおすすめします。

防犯カメラを設置している家ってどんなご家庭?

防犯カメラを設置する戸建て住宅グラフ

ご自宅の防犯について検討する際、「うちに防犯カメラのような大層な防犯設備は必要なのかしら?」と思っている方もいらっしゃると思います。
弊社では、やはりお金持ちの豪邸に防犯カメラを設置することもありますが、大抵の場合、そうではない普通のご家庭の方が多いです。
実際に防犯カメラを設置する弊社のお客様はこのような感じです。

実際に年収を聞いたりはできませんので大体の感想となります。
一般的なご家庭では、ご夫婦で共働きの場合もあれば、ご主人が単身赴任で、奥様が一人新築の家にお住まいの場合もあります。
お子様が小さいご家庭もあれば、すでに子供は独立し、ご夫婦おふたりでお住まいのご家庭もあります。
戸建住宅は、カメラは3台から4台設置することが多いですね。

弊社では豪邸と呼ばれるのにふさわしいような資産家のお屋敷に防犯カメラを設置することもあります。カメラの台数は、都心部だと多くても8台ぐらいですね。
逆に都心から離れたお屋敷だと広大な庭があり16台ほど設置することもあります。工事費も結構かかります。
弊社ではどんなお客様にもその家に合わせて必要な台数を設置させていただいており、大きなお屋敷でも一般的な一軒家でもそのスタンスは変わりません。
安心できる防犯カメラシステムを適材適所に付け、しっかりと保証する、これがトリニティーの方針です。

防犯カメラとホームセキュリティ両方設置するなら会社を分ける!

新築で家を建てる時、防犯カメラとホームセキュリティのどちらも設置したいというお客様もいらっしゃいます。
ここでもったいないのが、どちらも同じ会社で導入してしまうというミスです。なぜこれがミスなのか、それをお話したいです。

一軒家のセキュリティというのは何でも2重にすると言うのが原則です。今では一般的となった、ワンドアツーロックもその考えからです。
警備会社でホームセキュリティを導入した場合、必ず防犯カメラは弊社のような設備会社か別の警備会社で入れるようにしてください。
なぜなら、警備会社の警備員が泥棒に入るということが年に数回は起きているからです。
ホームセキュリティと防犯カメラは別々の会社で導入する。
これ、実はとっても重要なんです。

ハウスメーカーVS防犯カメラ専門業者 業者の選び方

新築に防犯カメラを付けたい!そんな時の選択肢

防犯カメラを警備会社に頼まない、ということになったらもうハウスメーカーに直接頼むか、弊社のような専門業者に頼むかの2択になります。
いままで何社ものハウスメーカーの新築物件に防犯カメラを設置してきましたが、弊社のような別業者が防犯カメラだけ付ける、ということで嫌がられたハウスメーカーさんは無いのでご安心を。
では、ハウスメーカーと防犯カメラの専門業者に設置を依頼した場合の違いはどこにあるのでしょうか。

ハウスメーカーに防犯カメラの設置を依頼した場合

ハウスメーカーさんに防犯カメラを設置したいと言われると誰に相談するかというと、出入りの電気屋さんです。
新築一戸建てに出入りする電気屋さんは一般的に「強電」屋さんと呼ばれ、ブレーカーやコンセントを設置する電気屋さんであり、防犯カメラ専門の業者とは異なります。 ハウスメーカーさんに相談して、ブレーカーを付ける電気工事屋さんが、「どんな防犯カメラを付けたいんですか?」と出てきたら、それは失敗する可能性が高いので要注意です。

専門業者に防犯カメラの設置を依頼した場合

一方、我々防犯カメラ専門業者は「弱電」屋さんと呼ばれ、防犯カメラ設備はもちろん、音響設備など、機械を付けるのが仕事です。
新しくできる新築の環境に応じて適切なカメラ選び、工事を行うことができます。

防犯カメラ専門業者であるトリニティーからの提案

私達は、専門業者として導入の仕方も「購入」と「レンタル」の2つから選ぶことができます。
更に保証の内容も3つのパターンから選ぶことができます。
更に更に取り扱う防犯カメラも数十種類から選ぶことができます。
新築で建てる建物だからこそ、将来的な不安を取り除けるような防犯カメラをご提案させていただきます。

埼玉の防犯カメラ設置実績多数広告スマホ版
埼玉の防犯カメラ設置実績多数広告PC版
0120-733-384
メールでのお問い合わせはこちら

気になる新築への防犯カメラ導入費用は?

費用は最も気になることだと思います。費用を抑えるためにも、新築で防犯カメラを導入したい時、配管だけはハウスメーカーさんに入れておいてもらってください。
配管がないと弊社で露出配管を外壁に取り付けますので見栄えが悪くなります。
多くの場合は、現場監督さんを弊社の営業担当に紹介していただければあとは現場監督さんと打ち合わせし、最適な配管を壁の内部に入れておいてもらいます。

戸建住宅で防犯カメラを取り付ける料金例

カメラ2台の費用

4,800 円/月(税別)

自宅外壁に200万画素防犯カメラを2台設置
(夜間撮影可・固定焦点)

録画期間は約2ヶ月・スマホ遠隔監視なし

初期費用58,000円(税別)

保証

レンタル期間中の故障・消耗品の交換

カメラ3台の費用

5,500 円/月(税別)

自宅外壁に200万画素防犯カメラを3台設置
(夜間撮影可・バリフォーカル)

録画期間は約2ヶ月・スマホ遠隔監視なし

初期費用58,000円(税別)

保証

レンタル期間中の故障・消耗品の交換

カメラ4台の費用

7,000 円/月(税別)

自宅外壁に200万画素防犯カメラを4台設置
(夜間撮影可・バリフォーカル)

録画期間は約2ヶ月・スマホ遠隔監視あり

初期費用58,000円(税別)

保証

レンタル期間中の故障・消耗品の交換

※上記はレンタルの場合の価格表です。購入の間合いは別途ご相談ください。

新築を立ててしまった後に後付けで防犯カメラをつけたい時

建築済みの自宅に防犯カメラ

新築を立ててしまった後に後付けで防犯カメラを入れたいという場合もよくあります。
新築の一軒家に住み始めると近所のいろんな声が聞こえてくることがあります。
近所で泥棒に入られた話や、いかがわしい人が近所に住んでいる、といった話は新築に住んでみて初めて聞く事が多いです。
物騒な事件が近所で起きた過去があったりすると、そこで初めて防犯カメラを設置しようという話になります。
そういった場面で弊社にご相談をいただくことが多いのですが、新築の家に防犯カメラを設置しようと思うと壁に穴を開けたり壁面に配管を設置したりと外観がどうしても悪くなります。
そんな時こそ弊社にご相談ください。
なんとかする方法が見つかるかも知れません。(見つからなかったらごめんなさい。)

配線・配管を嫌ってのWi-Fi(ワイヤレス)カメラはNG

よく、配管や配線を隠したいのでワイヤレスやWi-Fiの防犯カメラで工事はできないか、という相談をいただくのですが、電源コードはどちらにせよ配管になってしまいます。
また、屋外にwifiカメラを設置すると映像が途切れたり、全く映像を見れなくなる、などの不具合が必ずと行っていいほど生じます。
たまにブログやユーチューブなどでi-Fiタイプの防犯カメラをDIYで設置したという記事を見かけますが、設置したときは問題ないことが多いです。
一年、二年と使っていくうちに難が出ます。
新築だからこそ、有線でしっかりと配線をさせていただき、長く利用できる防犯カメラを設置させていただきます。

レンタルで新築に防犯カメラを付ける

トリニティーでは、一般のご家庭向けにレンタルで防犯カメラを設置できるファミリープランをご用意しております。
初期費用は48,000円もしくは58,000円(いずれも税別)新築で家を建てたときに同時に設置が可能です。
月々の費用もプランによって変わりますが、以下をご覧ください。

1台設置

月額¥4,400~

2台設置

月額¥4,800~

3台設置

月額¥5,200~

4台設置

月額¥5,600~

※選択するカメラの画質、オプションなどにより月額料金が変わります。

埼玉の防犯カメラ設置実績多数広告スマホ版
埼玉の防犯カメラ設置実績多数広告PC版

防犯カメラは家電とは違い耐用年数は6年!

皆さんは新築で家を建てるときに冷蔵庫や洗濯機も新調される方が多いと思います。
こういった白物家電の寿命はどれぐらいだと思いますか?
殆どの方は10年と答えるでしょう。テレビのようなAV家電も10年ぐらいの寿命とお答えになる方が多いと思います。
新築で建てた家に、家電やAV家電機器、防犯カメラをすべて新品で準備して、まず最初に何が壊れるか、というとそれは防犯カメラになります。
防犯カメラは24時間365日ずっと動き続け、熱を持ちやすい商品ですので他の電子機器と比べても寿命が短いです。
だからこそ防犯カメラは保証の長いメーカーのものを選ぶ必要があります。ちなみに弊社ではレンタルの場合5年保証を付けて設置させていただき、その後もレンタルを続けていただくことにより半永久的に保証をつけさせていただきます。
弊社では、2006年より防犯カメラの専門業者としてお客様に防犯カメラを提供してきました。
新調された家電より防犯カメラが先に壊れる中、クレームをいただくことも多く、なんとかしなくてはということで充実した保証をつけるようになりました。

トリニティーの保証はレンタルなら永久保証

トリニティーで防犯カメラをレンタルしていただいた場合、続けていただいているうちはずっと保証します。
保証の内容は、詳しくはこちらを御覧ください。 トリニティーのファミリープランの保証は、HDDのような消耗品の交換も現地への出張修理で直せること。安心して防犯カメラをご利用いただけます。

まずは資料をゲット!

どんな防犯カメラがご自宅に合うか、まずは弊社に資料請求してみてください。このサイトのチャットから申し込んでいただいても、メールで申し込んでいただいても大丈夫です。 せっかく新築で建てるご自宅ですから、どんな防犯カメラが外壁に合うのかも知りたいですよね。 弊社のエリア外に資料を送付することはできませんが、エリア内であれば詳しい資料をお送りいたします。

新築に防犯カメラ設置のご相談はトリニティーへ

トリニティーは防犯カメラの専門業者として創立依頼、10,000を超える防犯カメラを設置してきました。
このページでご紹介させて頂いているような新築一戸建てへの防犯カメラ設置はもちろん、店舗やマンション、工場、オフィスビルなど多種多様な場所への防犯カメラの設置工事を行っています。
防犯カメラ設置に関する費用のご相談や無料見積もり、スマホでの遠隔監視についてなど防犯カメラ設置をご検討ならぜひ一度お問い合わせください。

よくある質問のトップページに戻る

防犯カメラ・監視カメラの設置前に

当社で防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リースやレンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム LINE
Line友だち追加