0120-733-384

18,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラ・ネットワークカメラのプロにお任せください!

防犯カメラのよくある故障の種類ランキング

防犯カメラのよくある故障の種類をご紹介します。防犯カメラは映像機器で一般的な耐用年数は6年、その間もいろいろな部品が壊れたりします。
防犯カメラは、レコーダー部・カメラ部・モニター部に分かれており、それぞれに消耗部品が使われています。
消耗部品は交換のできるものと交換のできないものに分かれています。
防犯カメラは自動車と同じようにメンテナンスが必要な機械です。購入前にご理解して頂く必要があります。

交換修理が必要な消耗品

レコーダ部

映像を記録するHDD・SDカードなどはすべて将来的に交換が必要な消耗品です。また、環境によって冷却ファンなども消耗します。(交換修理可能)

カメラ部

カメラ部分も熱を持つため劣化が早く進みます。電源供給部分などに内蔵されるコンデンサは温度によって劣化スピードが早くなります。(電源部分のみの交換修理は可能)

モニター部

液晶モニターのバックライトは消耗品で交換ができない部品です。使っていないときに電源をオフにすることが寿命を長くさせるコツです。(交換修理不可能なのでモニターごと交換修理となります。)

防犯カメラの壊れる部品ランキング

では、一体どのように壊れるのでしょうか?24時間365日屋外などの過酷な条件で稼働している防犯カメラは一般的に家電と比べて壊れやすいと思ってください。ここでは、ランキング方式で修理が必要な部品を詳しくご説明させていただきます。

1位 ハードディスク・SDカード

交換済みHDD

レコーダーに内蔵のハードディスク、またはSDカードは消耗部品ですので壊れるとは表現が違うかもしれません。
ただ、ハードディスクが壊れると、レコーダーの様々な部分が機能しなくなる場合もあります。最悪、電源が入らなくなることもあります。
特にSDカードは、一般的に1年ほどで壊れてしまいますのでハードディスクより高い頻度で交換が必要になります。

2位 クーリングファン

冷却ファン

レコーダーに内蔵されているクーリングファンも消耗品でずっと回転しています。ホコリや摩耗が原因で風切音がうるさくなったり、金属音がするようになったりします。
これも時期が来たら交換しなくてはいけません。
ハードディスクを交換するときに一緒に交換するのが一般的です。

3位 カメラ本体

カメラ本体の故障は原因がいっぱい

カメラ本体の故障は様々な要因が元になるので一概には言えませんが、パターンは決まっていますのでご紹介します。

電源の故障

電源アダプター(交流100Vを12Vの直流に変えるもの)の故障でカメラに電源が供給されず映像が出ないたぐいのもの。
瞬間的に過電流が流れたり雷の影響で壊れることがある。また、LANケーブルで電源を供給するタイプのネットワークカメラは落雷に弱く、屋外設置には向かない。

本体の故障

設置環境下で壊れやすくなる場合があるが、そうでなければ基盤部分が壊れている可能性も。
フリーズロックしている場合もあるので再起動(電源のオンオフ)で直る場合もある。

レンズの故障

レンズが壊れると独特のノイズ画面が表示される。レンズが壊れているのかレンズに電源を供給するカメラ部品が壊れているのかの判断は難しい。

壊れるタイミングランキング

設置場所や業種によってもさまざまですが、これもパターンが決まっています。

1位 自然災害

水害により浸水した防犯カメラシステムの一部

防犯カメラは屋外の高い場所に設置することが多いので落雷の被害を受けやすい。
また、洪水や暴風雨で壊れることもよくある。
こういった自然災害での故障はリースで防犯カメラを導入することにより動産保険で修理ができる。(地震、地震由来の津波以外)

2位 停電後の復旧時

停電復旧後に防犯カメラが復旧しない

例えば10年間という長い期間、電源が入りっぱなしだったカメラが停電などで突然停止し、停電終了後も復旧しないというもの。
理由は分からないがよくある。憶測ですがカメラ内部の回路が長期間の使用により摩耗、もしくは変形し、電源が落ちた瞬間も回路が入ったままの状態で電源再投入したことが原因と考えます。
法定耐用年数が6年ですので仕方がないのかもしれません。

3位 環境変化

工場内の配線張替え工事の様子

工場などで防犯カメラを設置してある場合に非常に多いのが、工場内のプレス機械などを模様替えするときに動かし、カメラの配線に電磁誘導でノイズが乗るというものです。
これは配線を引き直すことによって直りますが、防犯カメラを交換する以上に費用がかかることが多いのが問題です。

トリニティーの防犯カメラの修理ケースについて

長く使えば使うほど故障して修理が必要になるのはご理解いただけると思いますが、では修理を必要とせずに運用できる期間はどのくらいでしょうか。トリニティーでの修理のケースをご紹介します。

マンションに設置した防犯カメラの修理ケース

  • 弊社で3年前にレンタルで導入
  • 落雷のタイミングでカメラが2台故障。映らなくなった。
  • お客様から連絡をいただき担当者が交換するカメラを持って出動

現地に到着して、チェックすると落雷でカメラの内部がショートした状態になっていた。すぐに防犯カメラを交換して修理完了

  • レンタルの場合の修理や交換は無償
  • お電話を頂いてから3日で修理
  • 弊社で施工したものだったので交換機器を持って初動対応で修理が完了した

一軒家に設置した防犯カメラの修理ケース

  • 弊社で4年前にレンタルで導入
  • HDDエラーという表示が画面に出て録画ができなくなった
  • お客様から連絡をいただき担当者が交換するHDDを持って出動

現地に到着して、チェックするとHDDが劣化して録画ができない状況に。すぐにHDDを交換して修理完了

  • レンタルの場合の修理や交換は無償
  • お電話を頂いてから3日で修理
  • 弊社で施工したものだったので交換するHDDを持って初動対応で修理が完了した

工場に設置された防犯カメラの修理ケース

  • 他社で購入した防犯カメラだがどこで購入したか不明
  • スマホで見れるタイプだったがアプリが動かなくなって困っていた
  • お客様から連絡をいただきまずは現地に赴き機器を確認

現地に赴き、レコーダーをチェック。ネットワークに繋がっていることを確認。アプリがスマホのバージョンアップに対して更新されていない状態。海外製の格安防犯カメラによくあるパターンで、アンドロイドOSがバージョンアップするとそれに合わせてアプリもバージョンアップさせないといけないのだがメーカー側で更新されていない。レコーダー部分のみを交換する必要があるとご説明させていただいた。

  • レコーダー部分のみを15万円ほどで交換させていただいた。初動対応費別途(出張費11,000円税込)
  • お申し込みから約1周間で交換修理完了
  • 弊社で施工したものだったので交換するHDDを持って初動対応で修理が完了した

自治体の防犯カメラの修理ケース

  • 他社で購入した防犯カメラだが修理費用が高く安い会社を探していた
  • 10年ほど前に入れたカメラだったので40万画素だった。
  • お客様から連絡をいただき、まずは現地に赴き機器を確認

随分古い防犯カメラで画質も悪く、随分前から録画ができていなかった。200万画素の防犯カメラにリニューアルをご提案。すぐに新しいものに変えてほしいとお申し込みを頂いた。

  • 初期費用0円、月額8,800円(税込)のレンタルでご契約を頂いた
  • お申し込みから約10日で交換修理完了
  • レンタル期間中は修理費用が無料なのでとても喜んでいただいた

レンタル防犯カメラなら出張修理保証付で長期間利用

保証がついているレンタル防犯カメラ

防犯カメラをレンタルで導入していただくと、保守として弊社の安心メンテナンスパックが組み込まれるため、故障修理に別途費用が掛からず、安心して運用することができます。
弊社のレンタル防犯カメラサービスは初期費用が0円(ファミリープランは58000円)。
初期費用がないから、導入がカンタンでさらに月額費用も大手警備会社に比べて割安です。
それにも関わらず修理保証はしっかりと付いてくるので安心して加入できます。

防犯カメラ保証内容

弊社では、機器(防犯カメラ・レコーダー・モニター)の保証と設置工事に関する保証の両方が最長7年間保証される【あんしんメンテナンスパック】という制度があります。
保証の内容は、消耗品交換、自然故障、台風や落雷などの自然災害による故障の保証、盗難・いたずらなどの被害による紛失・故障への保証などさまざまなサービスが付いており、すべて訪問サービスにて行っております。
とくに記録媒体であるハードディスクは3年ほどが寿命となっており、その交換修理費用が大手メーカーなどに頼むとかなり高額になります。
弊社は自社修理ですのでメンテナンス料が安くすみ、よって保証制度も月々僅かな掛け金で加入することができます。
あんしんして品質の高い防犯カメラを長期間利用するには出張修理保証のついた定額保守サービスが好評です。
ぜひ担当の営業スタッフにご相談ください。

戸建住宅の場合は更に安くてあんしんの出張修理のレンタルサービス

レンタルの場合、故障時の出張修理は無料です。

故障修理付き家庭用防犯カメラスマホ版
故障修理付き家庭用防犯カメラPC版

豊富な防犯カメラ修理実績で東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城をサポート

経験豊富な弊社スタッフがあなたの防犯カメラの修理をします。弊社で購入した防犯カメラの修理はもちろん、他社で購入した防犯カメラの修理も可能です。
修理は、一般工事から夜間工事、高所作業までどんな現場にも対応できます。関東の防犯カメラ修理可能範囲は東京、神奈川、千葉、埼玉ですが、協力会社との提携により、群馬・栃木・茨城もカバーしています。
修理は多くの場合、交換修理となります。故障した一部分だけを交換して修理を行います。

東名阪の防犯カメラ工事

弊社は防犯カメラ設置工事の専門店です。修理には、必ず出張費・技術料がかかります。
弊社のあんしんメンテナンスパックに加入することをおすすめします。
東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木の複雑な工事、故障修理や遠隔監視の設定等もお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

よくある質問のトップページに戻る

防犯カメラ・監視カメラの設置前に

防犯カメラセンターで防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リースやレンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム