DS-JH560の特徴

DS-JH560は、日立の24チャンネルレコーダー。ネットワークカメラ16台、アナログカメラ16台の中から24台の接続が可能なハイブリッドレコーダーとなっています。HDDは1TB搭載で簡易デジタルサイネージ付き
DS-JH580とDS-JH570は記録メディアの違いによる上位機種です。

記録メディア HDD 1TB
映像入力 アナログカメラ16台、ネットワークカメラ16台のうち合計24台
外形寸法 420×97×315mm(突起物を除く)
消費電力 約46W
質量(本体) 5.9kg
その他の機能 簡易デジタルサイネージ 遠隔モニタリング ミラーリング バックアップ記録 いたずら検知

RBSSマーク

RBSSマークとは、公益社団法人 日本防犯設備協会が防犯設備に必要な性能や機能の基準を満たした製品だけにつけられる認定マークです。

日立のハイブリッドレコーダーの良い所

アナログカメラとネットワークのハイビジョンカメラをハイブリッドにした日立のレコーダーは場所によってカメラの種類を使い分けることができます。一般的にネットワークカメラは300mまでしか配線できませんが、アナログカメラは500m以上の配線が可能です。レコーダーからの距離によって使い分ける事ができます。また、キレイに見たい場所はハイビジョンカメラ、そうでもないところはアナログカメラと使い分けることによって価格を抑えることもできます。工事費についてもIPカメラは一本のLANケーブルはケーブルに複数の映像信号を乗せることができるため材料費を抑えられるかもしれません。ハイブリッドだからこそできる使い方をオススメします。

東京、神奈川の防犯カメラ設置工事はお任せください。

東京・神奈川の営業エリア
横浜防犯カメラセンターは、神奈川全域、東京全域で防犯機器を専門に設置工事する専門店です。防犯カメラのお見積から設置工事まで専任のスタッフがご案内します。

この商品は東名阪で販売中

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら