0120-733-384

20,000台以上の施工・販売・レンタル実績
長期保証のあんしん防犯カメラはトリニティーにお任せください

最終更新日:2021年10月1日

日光市の防犯カメラ
関東防犯カメラセンター 日光市の事例

日光市の防犯カメラ施工例の紹介

日光市で防犯カメラの設置工事をお考えなら防犯カメラセンターを運営するトリニティーにご相談ください。
弊社は、防犯カメラの専門業者です。
これまでに中部や関東を中心に全国で、約14000台もの防犯カメラを設置してきました。
防犯カメラを設置する現場は1つとして同じものはなく、環境や状況の違う現場での対応を求められます。
防犯カメラ専門業者の設置工事事例を掲載しますので、ご参考になれば幸いです。
日光市での防犯カメラ導入事例や施工事例を紹介します。

日光市での防犯カメラ設置工事実績

弊社トリニティは防犯カメラ専門業者で、防犯カメラの企画、製造、設置工事、アフターフォローを一貫して行います。
創業以来、約14,000件もの防犯カメラを手がけてきました。
栃木県全域でも防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの販売、施工を承っています。
防犯カメラ専門業者の工事事例を随時紹介しますので、ご参考になれば幸いです。
※各事例はお客様のプライバシー保護のため一部内容を編集させて頂いております。
あらかじめご了承ください。

日光市のオフィスで防犯カメラを設置

日光市にあるリサイクル事業をしている企業のオフィスの1つが、外装の老朽化に伴い、一新するのと同時に防犯カメラを設置しました。
弊社のホームページに興味を持ちましたとお電話をいただき、防犯カメラエキスパートによる現場確認とお見積書の提出を行い、御契約をいただきました。

日光市のオフィスで防犯カメラのリニューアルで防犯カメラを設置

日光市のマンションで防犯カメラを設置

日光市のマンションで防犯カメラを設置しました。
マンションのオーナー様より、主にサルの出没で困っているとのお電話を頂き、現場にお伺いしました。
今回の工事内容を防犯カメラに出来る獣害対策と合わせてご紹介致します。

日光市のマンションで防犯カメラを設置

日光市ってどんなところ?

栃木県の北西部に位置し、山に囲まれた小さな都市です。
深い山々に抱かれて、江戸幕府の初代将軍である徳川家康を祀る、日光東照宮が世界的にも有名です。
日光東照宮のほか、華厳滝や中禅寺湖、湯滝、奥日光元湯温泉、鬼怒川温泉、日光二荒山神社、湯の湖、江戸ワンダーランド日光江戸村、東武ワールドスクウェアなどと観光名所が枚挙にいとまがありません。
東京からのアクセスも悪くなく、コロナ渦の前は東武日光線東武日光駅から日光の社寺へ至るまでの商店街も、国内外から多くの観光客で賑わっていました。
コロナ渦の現在は、海外からの観光客はほぼいませんが、コロナが世界的にも収束し、以前のような生活が戻ってくれば、日光もこれまでの活気を取り戻すに違いありません。

日光市 犯罪やトラブルの傾向

日光市での防犯カメラ・監視カメラ設置事例

世界遺産の日光東照宮などで有名な観光地である日光市は、大勢の観光客が押し寄せるものの、日光市の人口密度はそれほど高くありません。
県警の犯罪統計でも、日光市での犯罪認知件数はそれほど多くなく、安全なエリアとなっています。
しかし、日光市の中心市街地で暗躍しているのが、サルなどの野生動物。
土産物屋や住宅に開いている窓や網戸を壊して侵入したり、花壇や田畑を荒らします。
また観光客や子供に危害を与えないとも限らず、日光市では野生動物の対応に苦慮しています。

特に被害が多いの東武日光駅から日光の社寺に至る国道119号沿い。
家の中の仏壇にお供えした果物をサルに食べられたり、花壇の草花をシカに食べられたりという被害があいつで報告されています。
サルやシカは観光客の多い東照宮や日光二荒山神社などの観光名所にも出没しています。
観光客の中にはエサを与える人もおり、人の食べ物を知った野生動物が人を襲うようになる可能性もあります。
今まで防犯カメラは犯罪抑止や事件、事故の証拠映像などに活用されてきましたが、今後は観光資源をイタズラから守るためや、ゴミのポイ捨てなど観光客のマナー向上にも役立つようにもなってきました。
また、防犯カメラで野生動物の監視をすることで、野生動物の行動範囲や習性などもわかります。
野生動物の行動範囲や習性がわかれば、的確な対応を取ることが可能となります。

日光の観光地と防犯カメラ
オーバーツーリズムと観光DX

日本有数の観光地、景勝地である日光市は、外国人が訪れてみたい日本の観光地、トップ10に入るほどの人気を誇ります。
コロナが収束した後には世界各国から観光客が押し寄せるようになることが予測されます。
コロナ渦以前、国際観光客が予測よりも早く増加し続け、それによる経済効果は絶大なものでした。
観光産業を重要産業の1つとし官民あげて、インバウンドに力を入れてきました。
その一方で、観光客の急増や集中により地域住民や環境に悪影響を及ぼす地域も続出しました。
コロナ以降もエリアによっては観光客の急増、集中による弊害「観光公害(オーバーツーリズム)」の対応に苦慮することが予想されます。
オーバーツーリズムとして考えられるのは、交通渋滞や混雑、騒音、無断駐車、ゴミの不法投棄、違法民泊、文化財の損傷などが挙げられます。
地域住民の生活や環境、観光資源に悪影響を与えるため、観光地としての魅力までもが低下する可能性もあります。
またオーバーツーリズムを解決することが難しいものですが、京都では早くも解決に向けた取り組みをしています。
京都観光オフィシャルサイト「京都観光Navi]で快適に観光できる度合を「観光快適度」として見える化しました。
また春や秋のシーズンには「祇園、清水」「嵯峨・嵐山」「伏見」の3エリア内の観光スポットについて、時間帯別の観光感的度予測を表示しています。
これにより旅行の計画だけでなく、観光中の各スポットの快適に観光できる時間帯や、エリア内の穴場スポットを確認することができ、集中しそうな観光エリアの観光客の分散を図ります。
京都の手法は観光DX(デジタルトランスフォーメンション)と呼ばれ、進化したIT技術を活用して新たなニーズやサービス、価値を創造することです。
観光DXに活用される核心技術としては5G、Wi-Fi、IoT、位置情報、生態認証、仮想現実、拡張現実、人口知能(AI)、ロボット技術、ビックデーター、自動運転等が挙げられ、これらを活用することで、必要な人に適切な情報を提供できるようになります。
観光という側面では、観光客の満足度を向上させるだけでなく、観光客を迎える側の効率性や生産性を高めることにも期待がもてます。
観光DXの分野においても、防犯カメラは必須アイテム。
防犯カメラをどのように活用していくのかによって、様々な価値を生み出すことも、新しいサービスを始めることも、可能となってきました。

防犯カメラ工事動画紹介

弊社で行わせて頂いた防犯カメラ設置工事の様子をご紹介します。
こちらは日光市での工事ではありませんが、日光市でも同様に防犯カメラの工事が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

マンションでの防犯カメラ設置工事

工場での防犯カメラ設置工事

お寺での防犯カメラ設置工事

0120-733-384
メールでのお問い合わせはこちら

日光市は防犯カメラの無料出張見積地域です

まずはお電話で関東コールセンターにお問い合わせください。
日光市では防犯カメラの知識、設置工事の知識を持ったスタッフがさいたま市からお伺いし、お客様の問題を解決できるよう様々なご提案をさせていただきます。
日光市のすべての地域で無料出張お見積もりが可能で、一度映像を見ていただくために、実機をお持ちしてデモンストレーションすることも可能です。

防犯カメラの費用・価格を電話で聞ける

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

防犯カメラ・監視カメラの設置前に

当社で防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リースやレンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム LINE
Line友だち追加