XRN-811KSN

XRN-811KSNの特徴

PoE/PoE+対応スイッチを内蔵したネットワークビデオレコーダーです。LANケーブルでつながるネットワークカメラを最大8台接続できます。最大800万画素のネットワークカメラをサポートでき、4K画質で映像を録画できます。PoEとは、LANケーブルで電源も送信する方式で、一本のケーブルでカメラとレコーダーをつなぐことが出来るので、配線が少なく仕上がりがキレイな施工が可能です。ハイスペックな防犯カメラシステムに最適なレコーダーと言えます。

  • 最大8CH、8メガピクセルカメラサポート
  • 最大100Mbps録画帯域
  • HDMI 最大4K解像度出力、VGA 最大1080p解像度出力
  • H.265、H.264、MJPEG圧縮サポート
  • 内蔵HDD 最大2台
  • PoE/PoE+スイッチングハブ内蔵
  • ARB(オートリカバリーバックアップ)機能搭載
  • スマートフォンイベントプッシュ対応

HDDの初期搭載が4TBと大容量ではありますが、すべてのカメラを4kで録画しようとすると録画できる期間が短くなる恐れがあります。4kで録画する場合はHDDの増設を視野に入れてシステムを構築する必要が出てきます。

この商品は東名阪で販売中

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら